ウィルスの感染拡大が続いております。利用者の皆様も感染対策を十分取った上でのご利用をお願いしております。

【経費で落とせるマッサージ】社長に連れられてゲイマッサージ初体験

現在20代前半の若い営業マンから寄せられた体験談です。
社長に連れられて出張に行ったところ男のマッサージ士がやってきて…
ゲイマッサージに行ったきっかけ
社長に付いて地方出張へ行くことになった。   社長、「仕事には慣れたか?」 私、「まだ慣れません」 社長、「入社してから、まだ2ヶ月しか経ってないから慣れないのも仕方がないよ」 社長が車を運転してくれたのは、ペーパードライバーの私では左ハンドルの運転は無理だったから。 社長、「君は付き合っている人はいるの?」 私、「いません」 社長、「好きな人はいるの?」 私、「いません」 社長、「いつからいないの?」 私、「ずっといません」 社長、「女に興味はないの?」 私、「そんなことはありません、モテないだけです」 社長、「そうか、俺と同じだな(笑)」   初日の出張は社長のカバンを持っただけで役には立たなかったが、初めての出張で疲れてしまった。 泊まることになったのは温泉付きの旅館、社長とは同じ部屋。   社長、「メシか温泉、どちらを先にする?」 私、「僕はどちらでも」 社長、「だったら、先に温泉にするか」 温泉に入るために浴衣の用意をしていると、 社長、「マッサージを受けるだろ?」 私、「僕は良いです」 社長、「どうして、初めての出張で疲れただろ?」 私、「マッサージなんて受けたことがないので」 社長、「出張も初めてだったのだから、初めてついでにマッサージも受けてみなさい、お金は出してあげるから」   社長がお金を出してくれるなら、断る理由はない。
電話で予約すると
社長はフロントに内線電話をすると、 社長、「マッサージ、2人、お願い」、「いつものマッサージ」、「どれくらいで来られる?」、「じゃ、マッサージが来るまで温泉に入っているよ」。 私と社長はマッサージの人が来るまで温泉に入った。   社長、「痩せているな、ちゃんとメシは食ってるか?」 私、「はい」 社長は歳の割にガタイが良い、一方、草食系男子の私は痩せている。 ガタイが良いだけあり社長のイチモツは立派、それに比べ私のイチモツは貧相。 社長は私の貧相なイチモツに気付いていたと思うが、何も言わなかった。 温泉を出て、社長と部屋でビールを飲んでいると 社長、「酒は強いの?」 私、「強くはありません」 社長、「だったら、ビールを飲み過ぎるなよ、勃たなくなるから」 私、「・・・(愛想笑い)・・・」   社長、「マッサージ、遅いな」 マッサージをする人が来るのが遅いため、出張で疲れた社長が布団で横になると、 「遅くなってスイマセン」、部屋に入って来たのは私と同年代と思われる若い男性2人。 マッサージをしてくれるのは、女性と思っていた私はキョトーン。 社長、「遅いぞ」 男性、「スイマセン、サービスで10分延長させてもらいます」 社長、「どっちが良い?」 私、「えっ!?」 社長、「どっちの子にマッサージをしてもらいたい?」 私、「僕はどちらでも」 社長、「だったら俺は水色のTシャツの子にするな」   泊まる旅館の間取りは2部屋、マッサージの人が来るまでは1つの部屋に2つの布団が敷いてあったのだが、マッサージを受けるために社長は布団を隣の部屋に移動した。 社長の声がしなくなったのは、マッサージをしてくれる人が襖を閉めたから。   男性、「マッサージを始めましょうか?」 私、「宜しくお願いします」 温泉から出て浴衣を着ていたため、布団で仰向けになった私は、浴衣の上から腰の辺りをマッサージしてもらった。 男性、「他にこっているところはありますか?」 私、「こったことがないため分かりません」 男性、「マッサージを受けたのは初めてですか?」 私、「はい、今が初めてです」 男性、「社長さんは、出張の度に利用してくれています」 私、「社長は忙しいですからね」 男性、「失礼ですが、お歳は?」 私、「僕は今年入社した22歳です」 男性、「だったら、あの子と同い年だね」 私、「あの子って、社長のマッサージをしている人ですか?」 男性、「そう、あの子、社長のお気に入り」 私、「・・・(お気に入り?)・・・」
エロいゲイマッサージが開始
男性、「オイルを塗っても良いですか?」 私、「はい」 男性、「アレルギーはないですよね?」 私、「無いと思います」 男性は、私にアレルギー反応が出るか調べるために、体に塗るオイルを少しだけ私の腕に付けた。 マッサージは腰が終わるとお尻、お尻が終わると足の付根を重点的に揉んでくれた。 男性、「仰向けになってくれますか?」 私、「スイマセン、足の脹脛も揉んでもらえますか?」 仰向けになるのを断ったのは、足の付根を重点的に揉んでもらったら、イチモツが反応してしまったから。 足の脹脛を揉んでもらっていると、 男性、「オイルのアレルギーはないみたいだから、浴衣を脱いでくれますか?」 私、「えっ!?浴衣を脱ぐの?」 男性、「脱いでくれないと、マッサージ出来ませんよ」 社長にお金を出してもらった手前、マッサージを受けないのはマズイと思い、浴衣を脱ぎ、全裸で仰向けになった。 男性、「隠さなくても良いですよ」 とは言われたものの、私は勃起しているイチモツを手で隠した。   イチモツを手で隠していると、男性は私の乳首を念入りにマッサージしてくれた。 私がイメージしていたマッサージは、叩くか揉むかのどちらかなのだが、男性は私の乳首を指でコリコリ、それが終わるとチュルチュルと音を立てて乳首を吸ってくれた。 乳首を吸われると、マッサージ初体験の私でも普通のマッサージではないと気付き、イチモツを手で隠すのは辞めた。 男性は乳首を吸いながら、私のイチモツを手でシコシコするため、「マズイ!」、イッちゃいそう。 イクのを我慢していると、男性は私の表情を見ながら私のお尻にオイルを塗り、指でアナルをツンツン。 男性、「姿勢を変えてくれますか?」 指でアナルをツンツンされているため、アナルを刺激しやすいよう、私はバックの体位になり男性にお尻を向けた。 交際経験が無い私は素人童貞、素人女性とはエッチしたことはないのだが、プロの女性とならエッチ経験はある。 しかし、今回は男性が相手、どうしたら良いのか分からず、男性に身を委ねることにした。 男性が私のアナルに指を入れた時に、襖が開いた。 アナルに指を入れられた部下を見て 社長、「順調?」 男性、「はい」 私は恥ずかしくて枕で顔を隠したのだが、社長が襖を締めて部屋から居なくなると、 男性、「イッても良いですよ」 私は男性の口の中でドピュッ。   その後は、社長らと4人で温泉に入った。 マッサージをしてくれた男性らが帰ってから、 社長、「良かっただろ?」 私、「はい、メッチャ気持ち良かったです」 社長、「男も悪くないだろ?」 私、「はい、クセになりそうです」 社長、「皆にはナイショだぞ」 私、「はい、絶対、言いません」
初めてのゲイマッサージを終えて
ホテル代を精算するのは部下である私の役目、ホテル代を支払うと領収証を渡された。 領収証の日付けはあっているのだが、宿泊代が高かった、 社長が車を運転している間、私はスマホで利用した旅館の宿泊代を調べると、領収証に書いてある宿泊代よりウンと安かった。 領収証に書いてある宿泊代が高かったのは、2人分のマッサージ代が含まれていたから。

さっそくゲイマッサージを探してみましょう